MacBook (無印 / Air / Pro 共通) USB-C 充電器の選び方ガイド

2019年3月13日

MacBookが2015年より充電を従来のMagSafeからUSB-Cに変更して現在ではノートブック型Mac製品の全てがUSB-Cでの充電になりました。

 

USB-Cの充電器はもうすでに多数販売されていますが、今回はたくさんあるUSB-C充電器から持っているMacBook用に追加で買う際の注意点や、罠などについて解説します。

 

MacBookの充電に必要なW数

Macに付属する充電器が供給するW数は以下の通りです。

  • MacBook (Early 2015~) : 29Wもしくは30W
  • MacBook Air (Retina, 13インチ, 2018~) : 30W
  • MacBook Pro 13インチ(TouchBar有無問わず 2016~) : 61W
  • MacBook Pro 15インチ (2016~) : 87W

Apple公式サイトの情報によると…

適合ワット数よりもワット数が大きいアダプタも問題なく使えますが、コンピュータの充電時間が短くなったり、動作に違いが出たりすることはありません。ワット数が適合数より小さいアダプタでは、十分な電力が供給されません。

とありますが、個人的な経験から言うと一個下クラスの充電器は使える印象です。
(15インチMacBook Proなら60Wか61Wが使えて、13インチMacBook Proは30Wが使える印象)

 

1サイズ下を使用するメリットとしては

  • サイズが小さく持ち運びに便利

ということがありますが、デメリットは

  • 充電に時間がかかる
  • マシンパワーをしっかり使っていると充電されない (給電のみ)

などがあります。

 

また、社外の充電器で87Wのものが現状ほぼないため、MacBook Pro 15インチでは60Wを選択することが多いと思います。

まあ基本は純正と同じかそれ以上のW数のものを選ぶと良いでしょう

 

 

USB-C + USB-A充電器のワナ

Amazonで「USB-C 充電器」とかを検索すると…

なんかたくさん出てきますね。

W数を見ると 60Wだとか46Wだとか75Wなどいろんなものが出てきます。

「じゃ、MacBook Pro 13インチだし、60Wのやつ買お〜〜〜」とか思っている人

待った!!

これがまさにこの章で解説するワナです。

 

その60W充電器、ちゃんとUSB-Cで60W出てる?

例えば、こちらのUSB-C充電器。

Anker製のPowerPortという充電器ではかなり有名かつ実績のあるシリーズで、USB-C Power Deliberyに対応し60W出力をうたっています。

「じゃあこれを買えばいいのかー、ポチッt…」
「だから待てと言ってるだろ」

 

何が問題?

商品ページをよく見てみましょう

!?!?

たった30Wしか給電できない!?

 

どういうことか

商品の写真を見るとUSB-Cが1つ、USB-Aが4つ見えますね。

これこそが問題そのもので、USB-C x 1 + USB-A x 4で60Wなのです。

そのためにUSB-Cのみで60Wを食うことはできず、60Wとは言いつつ30Wになってしまうのです。

 

回避方法

ポートがUSB-C1つの製品を選ぶか、72Wのように60Wより大きいものを選びましょう。

また、1章で話した通り、MacBook と MacBook Airは30Wで足りるので比較的問題になりにくいですが、30Wの製品には注意しましょう

 

 

ケーブルの選び方

USB-Cケーブル」でAmazonをみてみます。

ケーブル自体にも様々な種類があります。

ただ、ケーブルは充電器と比べてワナが少ないので、以下2つの条件に合致してればOKです。

  • USB-C Power Delivery対応 (PD対応とか書かれてるやつ)
  • 流す予定のW数より対応W数が高いか同じ。

楽ですね。

 

 

ちゃんと動くor動きそうな商品たち

まずは自分が愛用しているAUKEYの60W充電器。

60Wと書いているけど、これはUSB-Cのみで60Wいける。

商品説明を見ればわかるけど、USB-A x 2 と USB-C x 1の総電力は72W

自宅に常備して使ってます。

 

そして上の充電器とセットで使っているケーブル、問題なくうごくし安心と信頼のアンカー製

 

追記 2019.05.29 : ついにきた、Ankerによる最強の60W充電器

平均的な30W USB-C充電器と同等のサイズで60W給電できるそうです。

今買うなら確実にこれ!!

 

ネットでの評価が高いSatechi製の充電器。

75Wと表記されており、USB-Cは当たり前のように60W給電

その他にも”Qualcomm Quick Charge 3.0″に対応し、USB-Aの充電も高速

ほんとはこれが欲しかったけど、当時在庫切れ。。。

 

2章で散々言いまくったやつ。

正直60W出力を必要としないMacBookやMacBook Proには良いと思う。

なんせ安心と信頼のAnker

 

安心と信頼の(ry

30W

安い! (2300円くらい)

ただ、ケーブルは付属しないのよね….

 

ちゃんと動くか不明…

ケーブル付属

純正品のパチモン、正直自分は怖くて買えない…
(チャレンジャー求む…)

 

60Wなのに安い! (3300円ほど)

動くか不明!

ケーブル付属!

きになるけど、なんか怪しい。

ちゃんと60W出るのか???

 

 

まとめ

USB-C充電器、もうすでにたくさん種類があります。

その中には良いものもあれば悪いものもあります。

本体の方が圧倒的に値段が高いはずなので、安物買いの銭失いにならないようみなさんお気をつけください。

 

Mac, TECHNOLOGY, 機材

Posted by FL1NE