LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

Windows 10 Anniversary Updateにてドライバー署名のポリシーに変更があり、一部環境を除いてAuthenticode署名のドライバーがインストールできなくなったようです。

 

しかしながら、「一部環境を除いて」と書いたように特定の条件を満たしている場合にはWindows 10 Anniversary Update以降でもインストールできるようです。

その条件は

  • 対象の PC が、以前のバージョン (Windows 10 Version 1511 含む) から Windows 10 Anniversary Update (Version 1607) にアップグレードされている場合
  • 対象の PC にて、セキュアブートが無効の場合
  • Authenticode 署名に利用した、第三者認証機関より発行された証明書が、2015 年 7 月 29 日 以前に発行されたものである場合
  • 署名されたドライバーが、OS の起動時にロードされる種類のものである場合 (なお、この例外は OS 起動の失敗を防ぐための一時的な措置であり、将来のバージョンの Windows 10 で変更される可能性があります)

の4つです。

 

中でも重要なのが2番目で近年のPCは大体の場合、標準でセキュアブートが有効となっています。

 

そのため、セキュアブートを無効にすることで大体の場合はAuthenticode署名のドライバーをインストールできるかと思われます。

 

以上です。

 

Authenticode署名やドライバーの署名について :

ドライバーのデジタル署名の基礎 | Japan WDK Support Blog

ドライバーのデジタル署名の留意点 | Japan WDK Support Blog

ドライバーの Authenticode 署名の方法 | Japan WDK Support Blog

 

参考文献 :

Windows 10 Anniversary Update で適用されたドライバー署名の新しいポリシーについて | Japan WDK Support Blog