VRChatとは何か (概要&はじめ方、VR機器は必要?など)

以前にVRChatに初めて接続したみたという記事を上げてからもう2ヶ月ほど経とうとしています。 (Known Userになった)

この記事では新規でVRChatを始めようとしている方々のために色々書いておきます。

 

VRChatとは?

20190717231130_1

VRChat公式サイト

VRChatはインターネット接続によりVR空間でたくさんの人とコミュニケーションが取れるソーシャルVRサービスです。

従来のチャットソフトウェア(Skypeなど)とは違いVR HMDを利用することによって声のみでなく、身振り手振りなどによってコミュニケーションを取ることができます。

また、自作のキャラクターなどを自分のアバターとして読み込んで使用できる他、自分で作成したワールドを公開し友人を招いたりすることもできます。

(前の記事からそのまま)

 

VR機器は必須?

IMG_2547

VR機器はあったほうが楽しめますが必須ではないです。

VRChatにはVRヘッドセットを使用するVRモードと通常のゲームのようにWASDとマウスで操作するデスクトップモードの2種類があります。

デスクトップモードではマウスとキーボードで操作する関係で絵を書いたりなどが非常に困難なのと身振り手振りなどが相手に伝わらないですが、普通に遊べます。
(プレイしていればVR機器が欲しくなってくるから、それまでデスクトップモードでokです)

自分もそうですが、別の作業を並行してやっているときはあえてデスクトップモードでプレイしている人が多い印象です。

 

VRChatのはじめ方

VRChatのダウンロード

Screen Shot 2019-08-22 at 18.51.24

VRChatはSteamもしくはOculus RiftのOculusソフトウェアからダウンロードできます。

Oculus Riftを使っている人以外はSteam版をダウンロードすれば問題ないです。
(OculusユーザーもSteam VR使えばSteam版でもokです)

今回はSteam版で解説しますが、次の起動画面表示以外ほぼ違いはないです。

 

起動 & アカウント作成

キャプチャ

VRChatを起動するとVRモードとデスクトップモードのどちらで起動するか聞かれます。

今回の解説はデスクトップモードで行うため「Launch in Desktop(Non-VR) mode」を選択します。

 

20190822190858_1

VRChatのアカウントとSteamのアカウントどちらでログインするか聞かれます。

Steamアカウントを選択しそうになりますが、基本はVRChatのアカウントを作成してそれを使うようにしてください。

理由としてはSteamのアカウントを使用すると名前に4桁のコードがついてしまったり、VRChatの機能がフルで使えないからです。
(アバターアップロードなども含む)

黄色の「CREATE ACCOUNT」をクリックしてアカウントを新規作成します。

 

20190822191338_1

このような画面が表示されWebブラウザが自動的に開きます。
(VRモードの場合はアカウント作成のために一回ヘッドセットを外します)

 

キャプチャ1

ユーザー登録ページが表示されるので、登録に必要な情報を入力して、アカウントを作成します。

アカウントを作成すると確認のメールが登録に使ったアドレスへ飛んでくるのでメール内のリンクをクリックして確認をします。

 

Screen Shot 2019-08-22 at 19.26.41

VRChatのWebページがWebブラウザで表示されたら、アカウント作成は完了です。

VRChatの画面に戻り、「Login」をクリックすると最初の画面になるので、VRChatのIDでログインをします。

 

20190822193239_1

ログインが完了すると画像のようなワールドに転送されます。
(場合によってはチュートリアルワールドに飛ばされますが)

 

デスクトップモードでの操作

W, A, S, D : 移動

マウス操作 : 視点操作

マウス左クリック : 操作・使う (何かがある場合)

C : 屈む

Z : 伏せる

スペース : ジャンプ

Shiftキー + 移動 : 走る

V : マイクのON/OFF

ESC : メニューを開く

Shiftキー + F1 ~ F8 : 手の形を変える (アバターの表情が変わったりもします)

 

デフォルトワールドの基本

最初に転送されてきたワールドにある基本ギミックについて説明します。
デフォルトではログインすると必ずこのワールドに接続されます。
(最初に接続されるワールドをホームといいます)

ポータル

20190822193908_1

これはポータルです。そのまま移動して入ることによって別のワールドに移動できます。

 

アバターセレクター & 鏡

20190822193923_1

鏡に映っているのは自分の姿です。

アバターセレクターから好きなアバターを選択するとそれに変身できます。

20190822193950_1

こんな感じ

 

日本語チュートリアルワールドへの移動

この記事で全ての操作を説明しようとしたら長くなりすぎるので、日本語のチュートリアルワールドへ移動するのがよいです。

20190822194933_1

まず、ESCキーを押してメニューを開き、左上の「Worlds」を選択します。

 

20190822195103_1

「Worlds」メニューが開いたら右上の検索ボックスをクリックし、検索画面を出します。

検索には「TUTORIAL」と入力し、「OK」をクリックします

 

20190822195225_1

1番左の上から2番目にある [JP] Tutorial world を選択します。

 

20190822195402_1

Goをクリックしてワールドを移動します。

 

20190822195611_1

チュートリアルワールドに到着しました。
(このワールドをめぐることで操作は一通りわかるはずです)

また、新規ユーザーは名前の色でわかるようになっているので人がいれば案内してくれると思います。
声をかけてみるのもいいかもです。 「初めてなので色々教えてください~」とかで十分です。

(初心者を見かけたら一通り案内するという暗黙の了解)

 

日本人が多くいるワールドの紹介

[JP] Tutorial world

20190822200416_1

日本語のチュートリアルワールド。

ほとんどの場合ここにいる人は初心者を見かけたら声をかけてくれる。

 

Fantasy Shukai jou

20190822200634_1

ファンタジー集会場

publicでは24時間常に誰かしらいることが多い。

 

1619Hz : II

20190822201026_1

ここもファンタジー系のワールド

日本人のほか、日本語がペラペラな中国や韓国、台湾の人などが多い。

 

JAPAN TOWN with Monorail 0.8

20190822201307_1

日本風の街をテーマにしたワールド

筆者が初めてVRChatをプレイしたとき、このワールドにいた人達がいろいろ教えてくれた。

 

VRChatでの過ごし方

20190821220828_1

20190809010507_1

正直、VRChatでの過ごし方はここで特筆すべきことはないです。

というのも、~しろというよりもいろいろな人と出会って話をして、いろんなワールドを回っているとたのしいですよ。

 

おわりに

なんかもう少し書くことあった気がしますが、この記事を読んだ人がVRChatに興味をもってくれると嬉しいです。

ぜひ僕のアカウント「FL1NE」に会ったら、「記事読んだよ!」とお伝えください。やる気がめっちゃ回復します。

ではでは

 

TECHNOLOGY, VR, VRChat

Posted by FL1NE