無料で最強のWordPressテーマ「Luxeritas」を検証してみた

2019年6月18日

WordPressだろうと他のものを使っていようと、サイトを運営している身としてはページの表示速度やSEO対策などは気になりますね。

特にWordPressのサイトはプラグイン等のせいで重くなりがちです。

速度やSEOと言ったWebサイトの重要な要素は、Google ChromeのAuditsで測定することができます。

FRONTL1NEのAuditスコア (モバイル版の測定)

FRONTL1NEではSEOのスコアが満点ですが、ページ表示のスピードに難があるそうです。しかしAuditsで測定できるページ表示のスピードは計測側の回線状況に大きく依存するためGoogle PageSpeed Insightsで測定した方が望ましいです。

FRONTL1NEをPageSpeed Insightsで測定してみたところ (モバイル版の測定)

ただ、やっぱり現状だとページの表示速度に難があるようですね。

そこで、有料・無料関係なく最強だと噂の国産無料WordPressテーマであるLuxeritas(ルクセリタス)をFRONTL1NEのテストサーバー(t2)に建てて実際にどれくらい早いのか検証してみました。

 

 

前提条件

  • WordPressで動かしてるサイトを高速化したい!
  • テーマが遅い気がするから、速くていいやつが気になる!
  • 無料の最強テーマが欲しい

といったような人たちが読むことを想定してます。

 

Auditsではこのようなオプションで計測し、MobileとDesktopのそれぞれを計測します。

計測条件は

  • フラインハウス2からFRONTL1NEのテストサーバー(t2)にアクセス
  • 可能な限り連続して計測を行う

現状では負荷が少ないので、以下のことをしておきます。

  • 500×500のアイキャッチ画像をつけた投稿を10個置いておく
  • 記事のタイトルやテキストはランダム生成
  • 記事作成のためにClassic Editorプラグインをインストール

また、Auditsだけでは速度測定にムラが出るので、Google PageSpeed Insightsでも計測を行います。

 

Twenty Nineteen (WordPressインストール直後)

青い… でかい…

Twenty Nineteen – 構成について

WordPressを新規でインストールすると現代ではこうなるらしいです。

シンプルでかなりサクサク動く印象

見た目は…

Twenty Nineteen – Auditsスコア(モバイル)

ウオー最初っから素晴らしい。

まだ本題にすら入ってないけど、最近のWordPressはデフォルトでもすごいなぁ…

Twenty Nineteen – Auditsスコア(デスクトップ)

同様にデスクトップ版の計測もしてみましたが、かなりいい感じです。

Twenty Nineteen – PageSpeed Insightsスコア(モバイル)

Twenty Nineteen – PageSpeed Insightsスコア(デスクトップ)

 

Fukasawa (現在FRONTL1NEでも使ってる)

やっぱりこのアイキャッチが並ぶスタイル好きだなぁ

Fukasawa – 構成について

  • WordPressバージョン : 5.2.1-ja
  • WordPressテーマ : Fukasawa

一瞬で、みたことある見た目になりましたね。

プラグインがほぼ入っていない状態なので早く感じますが、どうでしょうか

Fukasawa – Auditsスコア(モバイル)

パフォーマンスが若干低下しベストプラクティスがだいぶ下がりましたが、そんな大幅な速度低下とかは感じないです (これが積み重なって遅くなるんだろうな…)

ただ、SEOのパフォーマンスなどはこっちの方がいいみたいです。

Fukasawa – Auditsスコア(デスクトップ)

デスクトップ版だとこのような感じとなりました。

測定誤差もあると思いますが、Twenty Nineteenよりも全体的に悪い気がします。

Fukasawa – PageSpeed Insightsスコア(モバイル)

PageSpeed Insightsでは大幅な差がみられます。

98であったTwenty Nineteenに対しこちらは87、この差はかなり大きいです。

Fukasawa – PageSpeed Insightsスコア(デスクトップ)

デスクトップ版の計測では99点に対して95点という差が出ました。

 

Luxeritas (最強と名高いWordPressテーマ)

こんな感じの見た目をしたWebサイト、国内にすごく多い気がします。まさかみんなLuxeritasユーザー!?

Luxeritas – 構成について

WordPressの管理画面から検索しても出てきません。

公式サイトからダウンロードするのが一番いいです。

Luxeritas は SEO 最適化済み、多機能なのに高速な無料の WordPress テーマです

Luxeritasの仕様上、本体と子テーマのどちらもインストールして子テーマを有効にする必要があるそうです。

さて、速度はどうでしょうか

Luxeritas – Auditsスコア(モバイル)

さすが最強と言われるだけあって、前述した2つのテーマよりも全体的に高いスコアを記録しています。

特にSEOがWordPressでおなじみのAll in One SEO PackやYoast SEOなどを入れていないのにほぼ満点です。 すごい…

Luxeritas – Auditsスコア(デスクトップ)

デスクトップ版だとこのような感じとなりました。

全体評価ではダントツですが、パフォーマンスのスコアが低いです。

ただこれは画像フォーマットの問題が引っ張ってるみたいなので、以前の記事で書いた手法なりを使用してWebP対応すれば、多分問題ない気がします。

WordPressとnginxで「次世代フォーマットでの画像の配信」を対策する

Luxeritas – PageSpeed Insightsスコア(モバイル)

PageSpeed Insightsではなんと! 満点である100点を獲得しています!

すごすぎる!

Luxeritas – PageSpeed Insightsスコア(デスクトップ)

こちらもまさかの100点!

 

まとめ

最初Luxeritasの公式に対してPageSpeed Insightsの測定を走らせてみたとき、どちらも100点になって「サーバーが強いのかな?」と思いましたが、FRONTL1NEのテストサーバーでも100点を出すことができました。

この検証により、Luxeritasのすごさが実証できたのでFRONTL1NEの本サーバーもLuxeritasベースに移行しようと考えています。

その前にテストサーバーで機能を色々試してみてからですが。

ではでは!