LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

機材としてFitEarのMH335DWとゼンハイザー(Sennheiser)のHD25を使用していますが、実はこの二つってケーブルの端子形状が全く一緒なんですよね。

「じゃあ、ケーブルが使い回せるの?」

実は使い回せないんです。

今回は、このFitEarのインイヤーモニターとゼンハイザーの一部ヘッドホンで使用されている2ピン端子について書きます。

 

1. 端子形状の確認

ちょっとわかりにくいかもしれないですが、こういう形状です。

ピンが2つ出ているタイプです。

意外とこのピンが高いんだよなぁ…

オヤイデで2,700円なり

 

2. 端子の詳細情報

FiitEarとゼンハイザー、ケーブルの形が同一でどこが違うのかというと、

「極性が違います」

なので刺さることには刺さりますし、音も多分鳴ると思いますが逆相になりますし、あまりオススメできません。

やはりメーカーが推奨する接続が確実です。

 

3. それぞれの極性について

画像出典 : オヤイデ電気

FitEar

「太い方がHOT(+)、細い方がGND(-)」 (上の画像通り)

ゼンハイザー

「太い方がGND(-)、細い方がHOT(+)」

 

以上です。

 

 

参考文献

須山補聴器製 FitEar用 自作リケーブル・コネクター【Ver.2】(L/Rペア) | オヤイデ電気 oyaide.com

HD25-1 IIのケーブル作ったった| Le Mort Soleil