Webサイト工事中です! 閲覧できますが不具合があるかもしれません

JavaScriptでの型と型変換

覚書

 

typeofで型を判別できる & 型は以下のような種類がある。

typeof undefined //'undefined'

typeof 0 //'number'

typeof true //'boolean'

typeof "foo" //'string'

typeof Symbol("id") //'symbol'

typeof Math //'object'

typeof null //nullは'object'になる (実際はnullはobjectじゃない。typeofの問題、nullはnull) 

typeof console.log //'function'

またtypeofはtypeof(x)ともtypeof xともかける。

 

型変換

String(123)という風にかくと123は”123″になる (文字列)

“123”を123にするにはNumber(“123″)

Bloolean(x)でブール値に変換することもできます。

Boolean(x)では0, null, undefined, NaNはfalseとなり”0”, “false”, 1などはtrueとなります。

 

実践TypeScript ~BFFとNext.js&Nuxt.jsの型定義~

実践TypeScript ~BFFとNext.js&Nuxt.jsの型定義~

吉井 健文
3,795円(05/18 10:02時点)
Amazonの情報を掲載しています
確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版

狩野 祐東
2,728円(05/17 18:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SESSIONS や Tokyo Demo Fest 等のイベントを主催してる人
各種最適化やIT・インフラ・3DCGが好き
◆YouTube: http://youtube.com/@FL1NE_
◆X(Twitter): @FL1NE

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次