JavaScriptのアロー関数 (入門)

2018年12月19日

はい、今回はアロー関数です。

(簡単な使い方なので短いです)

 

例えば、

function sum(a, b){
    return a + b;
}

console.log(sum(2, 4)); // 6

という関数があった時

let sum = (a, b) => a + b;

console.log(sum(2, 4)); // 6

というように簡略して書けます。

 

引数なしの場合

let hello = () => console.log("Hello World");

hello(); // Hello World

let hello = () => "Hello World";

console.log(hello()); // Hello World

と書くことができます。

 

関数を複数行に書くこともできます。
その際には通常の関数同様に鉤括弧{}を使用します。

let sum = (a, b) => {
    let result = a + b;
    return result;
}

console.log(sum(2, 4)); // 6

 

アロー関数を使用すると

function checkAndDo(sw, yes_func, no_func){
    if(sw) yes_func();
    else no_func();
}

checkAndDo(
    true,
    function(){console.log("YES");},
    function(){console.log("NO");},
);

のような書き方を

function checkAndDo(sw, yes_func, no_func){
    if(sw) yes_func();
    else no_func();
}

checkAndDo(
    true,
    () => console.log("YES");,
    () => console.log("NO");,
);

と書けます。