Webサイト工事中です! 閲覧できますが不具合があるかもしれません

RTXNETのサーバーをIPv6に対応させた話

ちょっと前に気がついたのですが、

そういえば、RTXNET IPv6対応していない!!!

対応しましょう。

今すぐ。

 

 

目次

現在の構成

OS : CentOS 7

回線 : IPv6対応

DNS : MyDNSをcron.hourlyで回してる

今はIPv4アドレスしかNICに割り当てていない。

 

https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000065981-IPv6有効化手順-CentOS7-

さくらインターネットのCentOS 7でのIPv6有効化手順を参考にして見た。

 

 

作業

まず、/etc/sysctl.confにipv6の設定があるか見てみる

# cat /etc/sysctl.conf | grep ipv6

あれ…

何もヒットしなかった。

sysctl.confを確認して見たところ、ipv6に関するものが何もない。

何もないってことは何も制限してないんだろう!

 

ifconfigを見てみる

# ifconfig

カオス

ブリッジを構築しているので、デフォルトアダプターはbr0になる。
(本体はenp6s0)

 

br0の設定を見てみよう

# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0

ビンゴ
IPV6INITが無効化されている

noからyesに変更しましょうねー

# vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0

IPV6INIT=”no”からIPV6INIT=”yes”にしました。

 

ネットワークサービスのリスタート

# systemctl restart network

 

あれ、ダメっぽい。
ifconfigを実行してもinet6の項目が出てこない。

sysctl.confの変更も必要なのでは?

/etc/sysctl.d/の中を見て見た

# ls /etc/sysctl.d 
disable_ipv6.conf

なんかいる

なんだコイツ

中を開いて見たら、

net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=1

あコイツですね

 

逆の状態にしてやるぜ

# mv /etc/sysctl.d/disable_ipv6.conf /etc/sysctl.d/enable_ipv6.conf
# vim/etc/sysctl.d/enable_ipv6.conf

1を0にした

 

# sysctl -p /etc/sysctl.d/enable_ipv6.conf

これで設定反映

 

ifconfigで確認して見たらinet6が表示されて、IPv6アドレスが割り当たっていたのでこれでok!

 

動作確認

# ping6 google.com

無事動きました。

 

これで

ipv4.mydns.jp

ipv6.mydns.jp

にアドレスを通知してやればok!

 

外部のネットワークに接続されたマシンからping6で無事にfrontl1ne.netをはじめとしたRTXNETのサイトにIPv6越しにpingできることを確認しました。

 

お疲れ様でした。

 

NEC 無線LANルーター Aterm ブラック PA-WG2600HP3

NEC 無線LANルーター Aterm ブラック PA-WG2600HP3

9,600円(06/17 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています
マスタリングTCP/IP IPv6編 第2版

マスタリングTCP/IP IPv6編 第2版

井上 博之, 黒木 秀和, 小林 直行, 志田 智, 鈴木 暢, 矢野 ミチル
10,846円(06/17 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています
IPv6ネットワーク構築実習

IPv6ネットワーク構築実習

前野 譲二
2,640円(06/17 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SESSIONS や Tokyo Demo Fest 等のイベントを主催してる人
各種最適化やIT・インフラ・3DCGが好き
◆YouTube: http://youtube.com/@FL1NE_
◆X(Twitter): @FL1NE

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次