WordPressのプラグインを過去バージョンに戻すWP Rollbackの使い方

TECHNOLOGY,WordPress,サーバー

一個前の記事「2020/04/30~2020/05/02に発生した502エラーとそれの対策について (EWWW Image OptimizerとWebP)」でもあったように、WordPressでサイト運営をしているとプラグインのエラーなどで、サイト全体にエラーが発生することがあります。

そんな時、プラグインを古いバージョンに戻す(ロールバック、ダウングレード)作業が必要となります。

しかし、WordPressのプラグインを普通にダウングレードしようとするとFTPなどでプラグインフォルダを直接操作しないといけないといったように結構手間です。

ただ、今回紹介する「WP Rollback」プラグインを導入することでプラグインのバージョン変更を簡単に行えるようになります!

 

 

WP Rollbackとは?

WP Rollbackはimpress.orgが公開しているWordPressのプラグインバージョンを変更できるプラグインです。

プラグインをアップデート後、問題が発生した際のロールバックに重宝するのでぜひインストールしておきましょう。

インストール方法などもこの記事で紹介します。

 

 

WP Rollbackの使い方

インストール方法

WordPressの管理画面から、プラグインページを開き、新規追加をクリックします。

 

右上の検索窓から「WP Rollback」で検索し、表示された「WP Rollback」をインストールし有効化します。

これでインストールは完了です。

 

他にもこちらのWordPress公式ページからダウンロードしてインストールすることもできます。

 

設定方法

設定は特にありません。(必要ありません)

 

使い方

プラグインページでバージョン変更を行いたいプラグインの「Rollback」をクリックします。

 

変更したいバージョンを選択し、「Rollback」をクリックします。

これで選択したバージョンに変更できます。

 

 

おわり

以上

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさ...

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさ...

石川栄和, 大串 肇, 星野邦敏
1,738円(11/25 13:04時点)
発売日: 2019/07/25
Amazonの情報を掲載しています
グーテンベルク時代のWordPressノート テーマの作り方(入門編) (EP NOTE SERIES)

グーテンベルク時代のWordPressノート テーマの作り方(入門編) (EP NOTE SERIES)

エビスコム
1,000円(11/25 14:22時点)
発売日: 2019/05/17
Amazonの情報を掲載しています