覚書 : Windows 10のIPアドレス固定方法

Windows 10ベースの環境でIPアドレスを固定する方法を覚書として残しておきます。

 

Screen Shot 2019-09-27 at 13.41.06

右下にあるネットワーク接続のアイコンをクリックし、「ネットワークとインターネットの設定」をクリックします。

Screen Shot 2019-09-27 at 13.44.44

「ネットワークと共有センター」をクリックします。

Screen Shot 2019-09-27 at 13.47.29

左側にあるアダプター設定の変更をクリックします。

Screen Shot 2019-09-27 at 13.48.45

設定したいアダプターを右クリックし、プロパティを開きます。

(注 : 複数のイーサーネットアダプターがある場合、マザーボードのポート番号とWindowsで振り分けられた順番が一致するとは限らないです)

Screen Shot 2019-09-27 at 13.53.38

今回はIPv4アドレスを固定するため、「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」をクリックし、「プロパティ」をクリックします。

(今回は解説しませんが、IPv6のIPを固定させる場合は「インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)」をクリックし、プロパティを開いてください)

Screen Shot 2019-09-27 at 14.02.10

プロパティが開いたら、「次のIPアドレスを使う」にチェックを入れ、設定したい値をそれぞれ入力します。

Screen Shot 2019-09-27 at 14.05.46

今回の例ではDHCPで自動的に割り当てられたIPアドレスを固定するため、コマンドプロンプトでipconfig /allを実行し、赤枠で示したパラメーターを設定します。

Screen Shot 2019-09-27 at 14.10.02

設定が完了したら、OKを押し、一個前のプロパティでもOKを押せば設定完了です。

設定完了後に再起動などは必要ありません。

以上です。