WordPressで目次を記事につけたいなら「Table of Contents Plus」がオススメ!

2019年2月27日TECHNOLOGY, WordPress, サーバー

WordPressでサイトを運用していると目次が欲しくなりませんか?

FRONTL1NE.NETでは最近、「Table of Contents Plus」を使って目次をつけるようになりました。

今回はなぜそのプラグインを選んだのかと使い方について解説します。

 

多分ここに目次が出るはず↓

 

 

なぜTable of Contents Plusなのか

他にもWordPressで目次を表示させるプラグインはいくつもありますが、自分がTable of Contents Plusにした理由には以下のことがあります。

  • 既に公開されている記事の目次も自動で生成する。
    (見出しの文字で使用される<h1>から<h6>のHTMLタグを判別する)
  • 目次の表示位置、見た目、見出しテキストなど細かい設定ができる
  • 通常の投稿に加え、固定ページなどでも表示できる。
    (どの種類のページに目次を出すかとかも設定可能)
  • プラグインの管理画面が日本語対応

など様々な点でとても使いやすく便利です。

 

 

インストール方法

  • プラグイン > 新規追加 から「Table of Contents Plus」で検索してインストール

もしくは

 

 

設定方法

設定は 設定 > TOC+ から変更することになります。

 

設定画面では目次の位置や、表示の条件、投稿の種類によって目次を出すか出さないかなどの他、見た目などを変更することができます。

 

また、上級者向け設定を開くことで、見出しのレベルによって目次に表示するかしないかなどを設定することができます。FRONTL1NEでは関連記事の表示が自動的に目次に含まれてしまっていたのでそれを除外する設定をしています。

 

まとめ

FRONTL1NE.NETではTable of Contents Plusを特別なカスタマイズすることなく使用しています。また過去記事などを後から編集していないのですが、正しく目次が表示されていることが確認できるはずです。

ぜひWordPressの目次に悩んでる方はTable of Contents Plusを試してみてください。

 

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさ...

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさ...

石川栄和, 大串 肇, 星野邦敏
1,738円(04/03 15:30時点)
発売日: 2019/07/25
Amazonの情報を掲載しています
できるWordPress WordPress Ver. 5.x対応 本格ホームページが簡単に作れる本 できるシリーズ

できるWordPress WordPress Ver. 5.x対応 本格ホームページが簡単に作れる本 できるシリーズ

星野 邦敏, 相澤 奏恵, 漆原 理乃, 大胡 由紀, 清水 久美子, 清水 由規, 戸田 秀成, 山田 里江, 吉田 裕介, できるシリーズ編集部
1,465円(04/03 16:38時点)
発売日: 2019/06/14
Amazonの情報を掲載しています
ビジネスサイトを作って学ぶ WordPressの教科書 Ver.5.x対応版

ビジネスサイトを作って学ぶ WordPressの教科書 Ver.5.x対応版

プライム・ストラテジー株式会社 小川 欣一, 穂苅 智哉, 森下 竜行, 株式会社カイエン, 岩本 修
3,080円(04/04 10:56時点)
発売日: 2019/10/29
Amazonの情報を掲載しています