KLabのオリジナルエナジードリンク「Energy Lab.」の紹介

2018年12月27日

今回は、 フラインハウスのクソでかSomething 第2弾 ~エナジードリンク編~ でも少し出てきたKLab株式会社 (https://www.klab.com/jp/)がオリジナルで作っているエナジードリンク「Energy Lab. (エナジーラボ?)」を紹介しようと思います。

 

Energy Lab. [250ml] ???円
明確な入手方法は不明ですが、KLabのオフィスに行ったり、KLabが協賛しているイベントに参加することで頂けるかもしれません。
(KLabの株主になって株主総会でもらうっていうやり方も)

今回はFRONTL1NEもパートナーとして協力しているイベント(デモパーティ)であるTokyo Demo Fest 2018で配布されていたものを頂いてきました。

 

原材料や栄養成分の表示

普通にエナジードリンクですね。(売ってそうな感じ)

販売者がクラブ株式会社になっている。 (売ってないのに販売者?)

 

実際に手に取ってみると、レッドブルと同じように細身の缶です。

 

コップに注いだところ

開けて、色を見るためにコップに注ぎました。

色も匂いもレッドブルみたいな感じですが、色が若干浅く見えます。
(レッドブルはもっと黄色かったはず)

また、匂いもきつい感じではなく、レッドブルというよりロックスターエナジードリンクっぽいです。 (若干りんごっぽい香り?)

 

金色の液体 (どうしてエナジードリンクはどれもこんな感じの色なんだろう)

 

実際に飲んで見ると個人的には「飲みやすい」と感じます。

炭酸がすごい強いわけでもないので、他のエナジードリンクと比べるとゴクゴク飲める感じ。

味はおいしいけど、表現が難しい。

レッドブルとロックスターエナジーを足して割って、飲みやすくした(?)って感じ。モンスターエナジーとは違うし、シャークやNOSとも違う感じです。

あと、一年前のTokyo Demo Festで配られていたものではりんごっぽいフレーバーを感じたけど、今回はそこまで感じなかった。

良く言えば、メジャー路線になってきた感じで、
悪く言えば、オリジナリティが若干減ったかな?って感じです。
(自分の舌が二郎系ラーメンの食い過ぎでバカになっている可能性あり)

 

プルタブ周辺

今回は以上です。

 

(この記事をKLabやその他企業の方が見ているならFRONTL1NE BBQなどにエナジードリンクやら何やら欲しいです。 @FL1NEまで連絡ください。)

 

ではでは。
(この記事は実際にEnergy Lab.飲みながら書きました)

 

追記 2019.06.19 : ニューバージョンのKLab Energy Lab.が出ています。 (デザインが新しくなっただけで、特に味は変わらなかった。)

 

レッドブル 185ml×24本
  • RedBull(レッドブル)
  • 価格   ¥ 4,041 ¥ 5,184 prime
  • 販売者 ZAKKA-ONLINE
クリックして今すぐチェック
アサヒ飲料 モンスター エナジー 355ml×24本
  • モンスター
  • 価格   ¥ 4,088 ¥ 4,937 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
キーバ エナジー ドリンク 500ml × 24缶
  • KiiVA(キーバ)
  • 価格   ¥ 4,080 prime
  • 販売者 キーバ株式会社
クリックして今すぐチェック