DJIのOsmo Mobile 3を買ったので開封&レビューする

前々から映像撮影をする際に手ブレが気になっており、カメラジンバル欲しいと思っていた中、
欲しいと思っていたDJIのスマートフォン用ジンバルのOsmo Mobileシリーズ最新型である、Osmo Mobile 3が発売されたので買ってきました。

買ったのは、キャリングケースやトライポッドが付属したDJI Osmo Mobile 3 Comboで、
川崎のヨドバシカメラで税込15,950円でした。(2019/10/13現在)

DJI 公式サイト (DJI Osmo Mobile 3)

この記事では開封やレビュー、実際に撮影してみた動画などを紹介します。

 

開封

IMG_9247

外箱、思ったより箱が小さい。

 

IMG_5913

今回のOsmo Mobileは折りたたんで収納することができ、相当小さく収納できます。

 

IMG_5839

同梱物一覧。

 

IMG_9347

箱を開けるとこんな感じ。

 

IMG_8691

箱の中身を取り出すとこんな感じ、最初に見えたビニールはこのキャリーケースを包んでいた。

 

IMG_7504

右側の箱を開けてみた状態。取扱説明書やストラップ、トライポッドや充電器などが確認できる。

 

IMG_2811

キャリーケースの中はジンバル本体のみが入っていた。

 

IMG_9950

ジンバルを展開するとこんな感じ。

 

IMG_3908

これが全ての内容物。

 

 

設定

IMG_0957

ちゃんとした取扱説明書は付属しないので、公式サイトからダウンロードする必要があります。

 

IMG_3541

最初にスマホの固定部分にクッションを貼る必要があるので貼ります。

 

IMG_3227

こんな感じ。

 

IMG_0961

Osmo Mobileの電源を入れて、Bluetoothで接続します。

 

IMG_0963

あらかじめApp StoreGoogle Playからダウンロード&インストールしておいた、DJI Mimoを起動してOsmoに接続します。

 

IMG_3636

画面の指示に従って設定していき、設定完了です。

 

 

実際に撮影してみた (レビュー)

 

この映像はOsmo Mobile 3とiPhone XS Maxで撮影した動画をBlackmagic DesignのDavinci Resolveで簡単に編集したものです。

動画をみてわかる通り、手ブレは100%抑えられるという訳ではないです。

ただ、単純な手持ち撮影よりも圧倒的にクオリティの高い映像や動きのあるタイムラプスなどが撮れました。

適当に撮ってこれなので他の機能とかも使いこなせれば結構面白い映像が撮れそうだと思いました。

 

 

まとめ

結果としては非常に良い買い物をしたと感じています。

やはり一眼レフとDJIのRoninを組み合わせたプロ向けと比べるとジンバルの可動範囲とかで制限を感じますが、
個人的にスマホで手軽に撮影する分には十分かと思います。

まだ、使いこなせてない機能とかも多いのでこれからも色々撮影してみることにします。

値段もそこまで高くないので、皆さんもぜひ一台買ってみてはどうでしょう?

FLIM, 機材

Posted by FL1NE